痛みに目を向け過ぎない

体の話

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

痛みに目を向け過ぎない

この時期になると体のどこかに不調が出る方がいらっしゃいます。涼しくなって冷えたのか、夏の疲れが出たのか、コロナで疲れたのかは定かではありませんが、、、
原因は色々とあるとは思うのですが、
痛い=そこに問題がある。わけではありません。何かにぶつかったなどの原因がない限り、そこに直接的な原因はないことが多いです。

膝が痛いお客様がいらっしゃいました。トレーニングを始めるときに膝が痛いと仰られていたので、動きの確認をしたり動き方を見たりしていきます。

膝関節の可動域は特に問題がなさそうですし、曲げた時に特段痛みが増すということもありません。O脚になっているわけでもありません。

見た感じ膝に問題があるように思えないんです。でも痛いという結果はあるんですよね。

膝が痛い場合、お尻の筋肉の働きや骨盤のポジションを見る。っていうのは基本としてあるんです。そしてお尻は見事に使えてはいません。お尻のプリッとしている感じは完全になくなっているんです。これってお尻の筋肉の働きがとても悪くなっている証拠でもあるのでそこだな。っていう目安をつけて、そこから姿勢作りを行なって(バードドッグで姿勢を作っていきます)、お尻の筋肉(色々とお尻の筋肉はあります)を全て使うようなエクササイズ種目をいくつか行なってもらいます。
スクワットはこの段階では行うことはあまりお勧めはしません。最終的にスクワットはできるようになりますが、まずは体重以下の負荷しかかけることはしません。負荷のコントロールは絶対に必要になります。

 

こんな感じのエクササイズを取り入れていきます。

そしてこの時にも姿勢の維持をしっかりとしてもらうようにお伝えしながら、姿勢が崩れてまでも行う。ということが起こらないように注意をしながら筋肉を丁寧に使ってもらいます。

このトレーニングもとても重要になります。股関節の動きをよくすることにつながります。そして体幹部をしっかりと使って姿勢作りを促すことにつながります。

 

見た通りトレーニングとしての負荷はかなり弱いです。そしてその動きがしっかりとできるようになってきた段階でほぼ膝の痛みはかなり軽減しているんです。その段階になればスクワットを行なっていっても特に問題も無いんです。

結局はどこかに痛みがあるからといってそこに目を向けて緩めることばかりしていても解決の糸口が掴めないことが多いです。もちろん別からのアプローチもあると考えています。それでも膝そのものが悪く無いのに痛い場合はあります。痛みと向き合うよりも体全体をみながらより良い状態に持っていけるように考えていくことの方が重要だと考えています。

スタジオの看板には
姿勢作り、体の動き作り専門。って書いています。
より良い姿勢は気持ちよく体が動いて快適に日常を過ごせるようになります。

パーソナルトレーニングスタジオ

Fitness field

〒658-0047

兵庫県神戸市東灘区御影3丁目1-4 Mパレ御影 2階(建物東側の階段よりお上がりください)

ご予約やお問い合わせは下記からお願いいたします。

 

電話番号:078-821-3358

折り返しお電話させていただく時に

090-2596-3721(前田 携帯)

からご連絡させていただく場合がございます。(携帯へ直接ご連絡頂いても大丈夫です)

メールアドレス
info@fitness-field.com

LINEからでもお問い合わせ可能です。

LINE ID :  maedashunta

 

ご連絡フォームよりご連絡いただく場合はこちらからお問い合わせください。

 

パーソナルトレーニングスタジオ

Fitness field

〒658-0047

兵庫県神戸市東灘区御影3丁目1-4 Mパレ御影 2階(建物東側の階段よりお上がりください)

ご予約やお問い合わせは下記よりお願いいたします。

 

電話番号:078-821-3358

折り返しお電話させていただく時に

090-2596-3721(前田 携帯)

からご連絡させていただく場合がございます。(携帯へ直接ご連絡頂いても大丈夫です)

メールアドレス:info@fitness-field.com

LINEからでもお問い合わせ可能です。

LINE ID :  maedashunta

 

ご連絡フォームよりご連絡いただく場合はこちらからお問い合わせください。

 

体の話
fitness-fieldをフォローする
姿勢作り、動き改善専門 神戸御影にあるパーソナルトレーニングスタジオ Fitness field

コメント

タイトルとURLをコピーしました