NSCA-CPT 問題2<下半身編1>

NSCA-CPT講座

⑥ バックスクワットで誤っているものはどれか?

A つま先はやや外側に開いた状態で左右の足は平行を維持する
B 両足の幅は腰幅にする
C 肩甲骨を互いに内側(内転)へ寄せる

答え B

A B スタンスはばは肩幅よりもやや広く鳥、つま先少し外側を向いていく。下がる局面でも膝と爪先の方向を同じにする(ベースとなるのは第2指と同じ方向)

C 肩甲骨はしっかりと内転をさせてバーを支える『棚』を作るようにする。

 

⑦レッグプレスの正しいスタンスはどれ?

A 肩幅よりやや広くーつま先は外側
B 腰幅ーつま先はわずかに外側
C 肩幅ーつま先は真っ直ぐ上向き(両足が平行)

答え B

A B C スクワットとは足の幅が違うことを覚えておくことで正解することができます。動きそのものはほとんど変わらないけれど、スタンス幅は狭くなる。腰幅、もしくは骨盤幅と書かれていることがあります。

⑧レッグエクステンションについて正しいものはどれ?

A 膝をマシンの軸に合わせる
B 膝を伸ばす際にお尻が上がっても良い
C最終ポジションで膝を強くロックさせる

答え A

A 回転軸が膝にあるので、パッドの位置の調整、背もたれの調整をしっかりと行い、膝とマシンの軸に合わせるようにする

B お尻は常に座面についているようにキープする。お尻が浮いてしまうと膝の曲げ伸ばしにならないことが考えられる。スポーツクラブでよく見かける間違いですね。

C 膝は伸びきるところまで上がるのだけど、膝を強く伸ばしているとBと同じようにお尻が浮いてしまうことが考えられる。あくまでも膝の伸展動作に負荷がかかり、大腿四頭筋に負荷をかけることが目的です。

⑨フォワードランジで間違っているものはどれ?

A 踏み出した側の膝がつま先よりも前にいく
B つま先を前方へ真っ直ぐ、あるいはわずかに内側へ向け、踏み出した足裏をしっかりと床につける
C 踏み出した足の膝はつま先の延長線上に位置する

答え A

A つま先よりも前には行ってはいけません。フォワードランジではこれは絶対です。

テストではスクワットも膝よりも前にはでてはいけない。って言われるのですが、最近はつま先はやや出てもOKという風潮になってきています。ということはおそらくテストには出題されないと考えても良いのではないかな。って思います。

B つま先は真っ直ぐでもやや内側でもOKです。やや内側もOKって覚えておいた方が良いと思います。実際の現場でもつま先が少し中に入る人は多いので、そこは大丈夫だな。って知っていることは大切だと思います。

C 膝とつま先は同じ方向に向くこと。これはどの種目でも共通のことですので、覚えておく必要があると思います。

⑩レッグカールの正しいものはどれ?

A 主働筋は下腿三頭筋
B アンクルパッドは靴の踵の上端に来るように調節する
C膝が屈曲する時に股関節が屈曲しても良い

答え B

A 主働筋はハムストリングスです。実際の現場ではふくらはぎを使っている。って言われることはよく起こります。その際にはふくらはぎのストレッチを入れるとリラックスをして使わなくなってハムストリングスを使っている感じを出すことができます。もしくは、つま先を伸ばす方向へもっていくことで少し事前に腓腹筋を収縮させておくことで使えない状態することでも対応ができたりします。

Bアンクルパッドを靴のすぐ上に置きます。伏臥位になるレッグカールでも座って行うレッグカールでも軸は膝、アンクルパッドは靴のすぐ上。に調整することが必要です。

Cこれも実際によく起こります。伏臥位でレッグカールしてて、お尻が上下します。この場合には、股関節屈曲筋たちをストレッチすることで対処します。

パーソナルトレーニングスタジオ

Fitness field

〒658-0047

兵庫県神戸市東灘区御影3丁目1-4 Mパレ御影 2階(建物東側の階段よりお上がりください)

ご予約やお問い合わせは下記からお願いいたします。

 

電話番号:078-821-3358

折り返しお電話させていただく時に

090-2596-3721(前田 携帯)

からご連絡させていただく場合がございます。(携帯へ直接ご連絡頂いても大丈夫です)

メールアドレス
info@fitness-field.com

LINEからでもお問い合わせ可能です。

LINE ID :  maedashunta

 

ご連絡フォームよりご連絡いただく場合はこちらからお問い合わせください。

 

パーソナルトレーニングスタジオ

Fitness field

〒658-0047

兵庫県神戸市東灘区御影3丁目1-4 Mパレ御影 2階(建物東側の階段よりお上がりください)

ご予約やお問い合わせは下記よりお願いいたします。

 

電話番号:078-821-3358

折り返しお電話させていただく時に

090-2596-3721(前田 携帯)

からご連絡させていただく場合がございます。(携帯へ直接ご連絡頂いても大丈夫です)

メールアドレス:info@fitness-field.com

LINEからでもお問い合わせ可能です。

LINE ID :  maedashunta

 

ご連絡フォームよりご連絡いただく場合はこちらからお問い合わせください。

 

NSCA-CPT講座
fitness-fieldをフォローする
姿勢作り、動き改善専門 神戸御影にあるパーソナルトレーニングスタジオ Fitness field

コメント

タイトルとURLをコピーしました