NSCA-CPT問題37<整形外科的疾患1>

NSCA-CPT講座

① 膝前十字靭帯の再建術後におけるリハビリにおいて、避けなければいけないエクササイズ種目はどれ?

A 全可動域でのレッグエクステンション
B ハーフスクワット
C 全可動域でのレッグカール

答え A

教科書に書いています。安定性を確保するためには軽い負荷からスタートをしていき、徐々に負荷と可動域を上げていく。というのが正解になってくるとは思います。時間をかけてじっくりとリハビリを進めていくことが重要になってはきます。

② 肩関節のインピンジメント症候群の場合、医師からはどのエクササイズも行っても大丈夫という診断を受けている。その中で最も適しているエクササイズ種目はどれ?

A インクラインダンベルプレス
B デクラインベンチプレス
C ショルダープレス

答え B

肩関節、屈曲、外転で90度を超えない。ということを考えていくことを考えれば答えは見えてきます。デクラインベンチプレスが正解というよりも、屈曲90度未満、外転90度未満っていう判断をすることが重要になります。

③ 椎間板損傷のクライアントがトレーニングを行う際に、禁忌となるエクササイズはどれ?

A シットアップ
B バードドッグ
C 受動的な伸展ストレッチング

答え A

椎間板損傷の禁忌事項は、腰椎の屈曲と回旋になります。シットアップは屈曲になります。

④ 腰椎すべり症のクライアントがトレーニングを行う際に、禁忌となるエクササイズはどれ?

A クランチ
B ショルダープレス
C バードドッグ

答え B

腰椎すべり症や分離症の禁忌事項は、腰椎の伸展です。ショルダープレスはオーバーヘッドでのエクササイズになるので、脊柱の伸展が入ります。プッシュプレスやスクワットも禁忌事項になります。自重でのスクワットくらいならいけるかもしれませんが、バーベルを持ってのバックスクワットは禁忌になります。

⑤腰部脊柱管狭窄症のクライアントがトレーニングを行う際に禁忌となるエクササイズはどれ?

A バックエクステンション
B ニートゥチェスト
C プッシュアップ

答え A

脊柱管狭窄症の場合の禁忌事項は、腰椎の伸展になります。③、④、⑤は確実に覚えてしまってたら答えを見つけることができるので、禁忌事項は覚えましょう

カテゴリー
NSCA-CPT講座
姿勢作り、動き改善専門 神戸御影にあるパーソナルトレーニングスタジオ Fitness field

コメント