NSCA-CPT総合問題4

NSCA-CPT講座

① 各エクササイズを1セットずつ実施して、一連のコースを数回循環するトレーニングプログラムはどれ?

A コンパウンド法
B スーパーセット法
C サーキットトレーニング

② サーキットウェイトトレーニングを効果的にするための方法として正しいものはどれ?

A 上半身のトレーニングをまとめてや利、その後に下半身のトレーニングを行う
B 押すエクササイズと引くエクササイズを交互に行う
C 腹筋の種目を色々と行う

③ 筋肥大のためのウェイトトレーニングとして反復回数の設定として正しいものはどれ?

A 8回から12回
B 1RMの80%から70%の重さで行う
C 休憩時間は3分

④ 筋肥トレーニングの頻度として初心者におすすめできる回数は何回?

A 2〜3回
B 4回
C 5回

⑤ 筋力向上のためのレジスタンストレーニングプログラムとして正しいものはどれ?

A 1RMから6RM
B 1RMの80%以下
C 休憩時間は1分

⑥ エクササイズの配列として正しいものはどれ?

A スクワット-パワークリーン-レッグカール
B スナッチ-スクワット-レッグエクステンション
C レッグカール-スクワット-スナッチ

⑦ 脊椎の機能として間違えているものはどれ?

A 保護の役割
B 衝撃の役割
C 支持の役割

⑧ 脊椎の説明として間違えているものはどれ?

A 頚椎は5つである
B 胸椎は12個ある
C 腰椎は5つである

⑨ 大腿四頭筋の柔軟性が少ない人の場合において、スクワットでの注意点として間違えているものはどれ?

A 立ち上がる際に上まで上がりきらない
B  膝のACLとPCLに注意を払う
C 大腿部が床と平行になるようなスクワットは行わない。

⑩ ベンチプレスでの誤った肩の肢位で実施した際に炎症を起こす部位はどこか?

A 大胸筋鎖骨部
B 上腕三頭筋腱
C 上腕二頭筋腱

答え

① C
② B
③ B
④ A
⑤ A
⑥ B
⑦ B
⑧ A
⑨ A
⑩ C

カテゴリー
NSCA-CPT講座
Fitness field

コメント