体幹トレーニング

トレーニング

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

体幹トレーニング

スタジオでのトレーニングで行っていることは大雑把に言えば体幹トレーニングです。すべてのトレーニングで体幹を意識してもらい動いてもらっています。自体重のトレーニングだけが体幹トレーニングっていう訳ではありません。

このトレーニングは体幹トレーニングと分類されると思いますが、それだけではないということです。体幹トレーニングの一部ということで、腹筋=体幹トレーニング。っていう訳ではありません。

私の中での定義は、背骨周りの筋肉をしっかりと使って姿勢を保つことを重要と考えているトレーニングはすべて体幹トレーニング。って思っています。

以前、近所のスポーツクラブに通っていました。(パーソナルトレーナーの活動している店舗でトレーニングは出来たのですが、あえて近所のスポーツクラブに会員になって通っていました。)側から見るスポーツクラブというのは、必要な視点だと感じていたので、そこで活動している同業の仕事なんかもみつつ、ちょっとアイデアを頂戴しながら、通っていました。

そこで感じたことは、姿勢を意識せずにひたすら筋肉のみを鍛えている方が多かったんです。ムキムキなんですよ。腹筋もかなりバキバキに割れている。けど猫背。ちょっと勿体ないですよね。

ウェイトトレーニングを行うことでフォームが重要だって感じたんですよね。筋肉は鍛えた通りに成長する。まさしくそれです。猫背のままでも鍛えることってできるんです。筋肉に負荷をかけさえすれば、そのまま成長していきます。

ウェイトトレーニングは、姿勢をよくすることを意識してトレーニングを行うことをしていたら結果的にすべてのトレーニングは体幹トレーニングになっていく。っていうことにいきついたのです。

トレーニングで一番重要なこと

呼吸が一番大切。これに尽きます。しっかり吸って、しっかり吐く。その時にお腹を凹ませること。これを徹底して行って骨盤底筋を締める。トイレを我慢する感覚です。中心だけをしっかりと使って行います。他が硬くならない。トイレを我慢しながら走れますよね。そういう感じです。その中心を意識してどのトレーニングでも動いていくことになります。

ウェイトトレーニングでは背中が丸くなって行うものってありません。唯一上体起こしの腹筋は丸くなりますが、それもいっぱい上がる必要もないので、少しだけ丸くなる程度です。基本的に背骨は骨盤と頭のラインを整えたままで動いていきます。

体幹トレーニングでもウェイトトレーニングでも結局は体にとって必要なことをプラスしていくことが必要になると考えています。どこかの筋肉の機能が悪くなっていれば、そこを鍛えることで機能を取り戻し、過剰に固ければ、ストレッチを行って可動域を取り戻したりすること。その積み重ねの結果、見た目も良い。機能も良い。という状態を作っていけると考えています。

しっかりと丁寧に鍛えていきたいものですね。

 

 

 

パーソナルトレーニングスタジオ

Fitness field

〒658-0047

兵庫県神戸市東灘区御影3丁目1-4 Mパレ御影 2階(建物東側の階段よりお上がりください)

ご予約やお問い合わせは下記からお願いいたします。

 

電話番号:078-821-3358

折り返しお電話させていただく時に

090-2596-3721(前田 携帯)

からご連絡させていただく場合がございます。(携帯へ直接ご連絡頂いても大丈夫です)

メールアドレス
info@fitness-field.com

LINEからでもお問い合わせ可能です。

LINE ID :  maedashunta

 

ご連絡フォームよりご連絡いただく場合はこちらからお問い合わせください。

 

パーソナルトレーニングスタジオ

Fitness field

〒658-0047

兵庫県神戸市東灘区御影3丁目1-4 Mパレ御影 2階(建物東側の階段よりお上がりください)

ご予約やお問い合わせは下記よりお願いいたします。

 

電話番号:078-821-3358

折り返しお電話させていただく時に

090-2596-3721(前田 携帯)

からご連絡させていただく場合がございます。(携帯へ直接ご連絡頂いても大丈夫です)

メールアドレス:info@fitness-field.com

LINEからでもお問い合わせ可能です。

LINE ID :  maedashunta

 

ご連絡フォームよりご連絡いただく場合はこちらからお問い合わせください。

 

トレーニング
fitness-fieldをフォローする
姿勢作り、動き改善専門 神戸御影にあるパーソナルトレーニングスタジオ Fitness field

コメント

タイトルとURLをコピーしました