ヘックスバー

トレーニング

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

ヘックスバー

ご存じでしょうか?

こういうものです。

このトレーニングが最近一押しのアイテムです。

めちゃくちゃトレーニングがやりやすくなりました。

脚のトレーニングと背中のトレーニングがこれ1つでほとんど完結します。

バーベルを使うのがベンチプレスだけになるんじゃないかと思っています。

少し前から、バックスクワットが疑問視され始めています。肩関節の硬い方にバーベルを首のところで担ぐのがちょっと厳しいんじゃないかと。背骨のアライメントが良くない人には危険じゃないかという問題が指摘されています。

一概にそれが全てダメだとは言いません。肩が柔らかい人には全く問題がありませんし、お客様でもバーベルを担いでスクワットを行ってもらったりもしています。

スポーツ科学の進歩です。バーベルじゃないものが出てきたら、そちらで代用できるし、より安全だよね。ってなるとそちらへ移行することに迷いはありません。

問題はちょっと重いんです。25kgあるんで、持てない女性の方がいらっしゃいました。徐々に持てるように鍛えて貰えば良いってことですね。そこはバーベルを活用して下で持てば良いってことですよね。

それはさておき。

なんせヘックスバーを使ったデッドリフトは背中の意識がとても持ちやすくなります。ちょっと引っ張るっていうことはバーベルでも行うんですが、バーベルの場合には引くと太ももに当たるのであまり引けません。ヘックスバーはそこにスペースがあるのでしっかりと引いても何も問題なく引けます。そしてその結果、背中に効いてる。っていうことを実感することが出来ます。

立ち上がる時に体に引きつけながら背中を使うことが出来ます。

スクワットになった時には足でしっかりと地面を押すことができるのでこれもまたやりやすいです。

そんなヘックスバーは本当に便利でそしてトレーニングの幅を増やしてくれます。

1点希望があるとすれば、15kgのヘックスバーがあれば良いですねー。

FitElite(フィットエリート) オリンピックHEXバー(ヘックスバー) (HEXバー(オープンバック)のみ)

 

オリンピックHEXバー (ヘックスバー) オープンバック【FitElite(フィットエリート)】デッドリフト・スクワット用 ヘックスバー トラップバー Trapバー HEX Bar Trap Bar へキスバー

感想(12件)

カテゴリー
トレーニング
姿勢作り、動き改善専門 神戸御影にあるパーソナルトレーニングスタジオ Fitness field

コメント