戦略的ダイエットの考え方

こんにちは。神戸市東灘区御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

戦略的ダイエットの考え方

モチベーションに左右されていっぱいやる時と全然やらない時の差があるよりも緩めでも淡々と続けていく方が効果は高いです。

そして基本的にそこまで頑張らなくてもある程度できていれば体はジワジワと変化してくると考えています。特に運動を始めたばかりの人には緩めで全く問題ありません。

もちろん正しく動ける。ということが前提ですが、正しく丁寧にできていれば、回数が少なくても、問題はない。むしろそれくらいから始めていき、できるようになったら少し回数を増やす。っていう感じで、そして長いスパンでトレーニングを捉えていく方が良いと考えています。

韓国では、ボディプロフィールっていうのが流行っている?みたいですが、一時的に体を絞って、写真を撮って、終了。ってやつみたいです。

それのどこに運動の意味があるの?って思いますが、世の中の大勢の人はそんなどうでも良いことに夢中になったりします。

継続こそ最強です。ここは揺るぎないことです。一時的に痩せた後、運動やめ、普通の食事に戻したら、元通りになるだけです。

食事管理をしていてるときに特に感じますが、頑張りすぎないようにしてほしいと思っています。確かに減らしたら減らした分だけ痩せることは事実でもあります。でも、それだと最終的には食べるものがなくなるだけです。

そんなのただの減量です。ダイエットは、正しい知識をつけていくことに他なりません。何が足りていないのか。何が過剰なのかをご自分で見つけることができるようになることこそ必要です。

食べたらいけないものがあるのではなく、食べすぎるということが問題になるんです。

じゃあ戦略としてどうするのか?っていうことを考えていくことがダイエットの基本です。

根性で食べない。っていう戦略ではないんです。その戦略はいずれ敗北(リバウンド)します。

よくお客様にはお伝えしますが、お腹減ってる時にスーパーに行くといらないもの買っちゃいますよね。

それは普通のことですよ。頭の判断が悪くなっているんです。とお伝えします。

じゃあどうするのか?っていうのが戦略です。お腹が減っていない時にスーパーにいけば良いだけのことです。

もしくはスーパーに行く前にプロテインを飲んでから行くなどです。

そういった細かな戦略をたて、頭の判断を常に明確にさせることこそ、ダイエットの成功の鍵を握っています。

戦略を立てずに何かに挑もうとしても敗北をするだけです。わざわざ敗北することに挑戦するのは時間と労力の無駄使いです。

    無料カウンセリングお申し込み

    カウンセリングをご希望の方は、こちらからお問合せください。折り返しご連絡をさせていただきます。

    ご希望のコースを選択してください *必須

    迷惑メール対策にご協力お願いいたします。