NSCA-CPT問題32<体力評価1>

NSCA-CPT講座

① テストの順序について正しいものはどれ?

A 血圧-1RMベンチプレス-1分間シットアップ-1500m走
B 1RMベンチプレス-1500m走-1分間シットアップ-血圧
C 1500m走-1分間シットアップ-1RMベンチプレス-血圧

答え  A

疲労しないものは先に行います。血圧や身長、体重。そして柔軟性も先に行います。その後の運動テストに関しては運動強度が高い順に行います。運動強度を決定するのはテストの継続時間の短さが運動強度の高さになります。

② 30歳女性、基礎疾患などはない。フルマラソンの自己記録更新をしたいと考えている。この方の体力テストを行う際に最も適切なテスト方法はどれか?

A 自転車エルゴメーターでの最大下負荷テスト
B 2.4km走
C ウォーキングテスト

答え B

動きに合わせたテストを行うこと。ランナーなのでランのテストを行う。バイクの選手の場合にはバイクでのテストを行う。高齢者の場合にはウォーキングテストになるかもしれません。

③皮脂厚測定を4日間で2回行った。その際、同様の結果が出た場合このテスト結果はどのように判断されるか?

A 絶対的である
B 妥当性がある
C 信頼性がある

答え C

2回測定して同様の結果ということはしっかりと測定を行えているということになります。

④ 体重が50kgの人が1RMベンチプレスで60kgを上げた。一方体重60kgの人が同様に1RMベンチプレスで60kgを上げた。個人差を考慮して計算する値をなんと言うか?

A 絶対的
B 相対的
C 妥当性

答え B

⑤ ④の50kgの人の相対的筋力指数はいくらになるか?

A 0.8
B 1.0
C 1.2

答え C

60kg÷50kg =1.2

カテゴリー
NSCA-CPT講座
神戸御影にある姿勢作り、動き作り専門のパーソナルトレーニング

コメント