ゴルフのスイングを良くする

パーソナルトレーニング

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

ゴルフのスイングを良くする

競技でゴルフをしているお客様がいらっしゃいます。試合で勝つためにはパフォーマンスを高めることが必要になるんですが、最初は腰痛がひどくなったのでトレーニングをして解消をしようとされていました。幸い今は腰痛は全く気にならない状態になっているので、しっかりと動くことをテーマにトレーニングを行なっています。

ゴルフのスイングを良くする。ってとても難しいことです。その中で具体的なことを言われたんです。

テイクバックの際に腕が低くしかいかない

力づくでテイクバックを高い位置に持っていくと体を痛めます。間違いなく負担は腰や肩にきます。基本的な考えとして体はスムーズに動くものだ。っていうイメージを持っておくことって大切だと思っています。その中でトレーニング中に多くのヒントは隠れています。

筋力トレーニングって基本的な動作の繰り返しになります。その動きって人によって本当に違います。同じトレーニングをしていても動き方って十人十色です。だから人によってどういう風に動きたいのかは常に見てるので、テイクバックが低いってのもそうですよね。ってなるんですが、そのまま放置する気はないので、それに対するアプローチはしっかりと行なっていくことになります。

セッションの中では色々とお伝えしましたが、ヒントは上の写真の動作になります。骨盤と頭の関係性が大切です。ねじる。っていう動作は背骨の動きです。

捻った時に手が上に上がらないのは肩甲骨の問題
肩甲骨の問題は肋骨の問題
肋骨の問題は背骨の問題

っていう風に考えると背骨の動きを良くするためには骨盤と頭の関係性が良いポジションにいることになるんですね。

体幹トレーニングってこの背骨の動きを最大限発揮できるようにするものだと考えています。

プランクが悪いっていう訳ではないんですけど、これじゃ全然足りないんですよ。背骨の動きないので。ただ、ベースとなる骨盤と頭の関係性は作れます。写真の場合って骨盤と頭の関係性は良いんです。

頭が前に向いてプランクしている写真とかあるんですが、それって骨盤と頭の関係性は良くないんです。首が縮こまっているので首がキツくなってきます。

体幹トレーニングでは背骨の動きを作っていくこと。

腹筋がバキバキに割れているとかは重要ではないってことです。動ける体になってもらうこと。そしてスムーズなテイクバックができることが大切で、その結果キレイなスイングができて、しっかりと安定したボールを打てるようになることがゴールになる訳ですよね。

ゴルフの指導は出来ません。範疇ではありません。体の使い方は私の専門分野です。そしてそれを自然と動けるようになってもらうのは対話をしながら目的を持ったトレーニングだと考えています。

弱点ではありませんが、動き方の癖は誰にでもあるので、そこを良い方向へ制限がない方向へ持っていけたらきっとパフォーマンスは上がりますよね。って考えています。

カテゴリー
パーソナルトレーニング
神戸御影にある姿勢作り、動き作り専門のパーソナルトレーニング

コメント