歩き方を考える

体の話

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

歩き方を考える

歩くことはそんなに難しくありません。体のバランスの崩れや筋力の低下によって歩いているんだけど、ちょっと問題ありそうな感じだな。っていう方を街中で多く見かけます。

筋力トレーニングは歩くことよりも基本的な動作です。

歩きながら行う筋力トレーニングでウォーキングランジっていう種目があります。大股で足を出して下にしゃがんで、立ち上がりながら反対の足を大きく出してまたしゃがむ。っていうトレーニングです。

あまりそれをやっている人を見かけませんし、陸上部のトレーニングや野球部のトレーニングの時には行うことがありましたが、基本的には行いません。

スペースの問題が大きいのとちょっと難しいんです。

話を戻します。
歩くことを考えていくと

  • 股関節の動き
  • 体幹の動き
  • 肩甲骨の動き

と四肢以外の部分がしっかりと機能していないと脚や腕はうまく動きません。

靴の端の方が潰れている方を見かけることがあるのですが、脚のアライメントが崩れているのはもちろんのこと股関節がうまく働いていないことがほとんどです。そしてどちらかに傾いていることも見受けられます。

ちゃんと歩けるようになるために筋力トレーニングやバランストレーニングを行うことはQOLの向上にも繋がっていくと考えることができると考えられます。

どのトレーニングが一番歩くことに良いのかっていうのはとても難しくて、その人による。になります。

足りない部分を強化すること。カチコチの部分を緩めること。緩みきっている部分を使えるようにすること。など色々な要素が入り乱れて歩き方が崩れている場合がほとんどです。

うまく動けるようになるために。そして快適に歩けるために筋肉を使えるようにしていくことがとても重要だと考えることができると考えられますね。

 

こういう瞬発系のトレーニングができるようになると歩き方も安定していくのは間違いありませんよ。

カテゴリー
体の話
Fitness field

コメント