肩甲骨の内側のコリ

体の話

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

肩甲骨の内側のコリ

肩甲骨の内側が凝っているっていう方多いですよね。

この辺が凝っているって思われている方。特に肩甲骨の内側とかがゴリゴリになっていらっしゃる方って多いように思います。トレーニングを始められた直後の方はここが硬くてうまく肩甲骨が動いていないな〜。って思いながらウォーミングアップをしてもらっていることがあります。

この部分は凝っているんですけど、ここを緩めようとしても結局緩まないんですよね。マッサージとかしたら気持ち良いんですよ。間違いなく気持ち良くて、神の手って言ってもらえるんですけど、偽りの神の手は長持ちしません。すぐに元どおりの硬さに戻るんです。エセ神の手しか持ち合わせておりません。残念。。。

さてこの場合のアプローチとしてはいくつか考えることができるんです。

なぜここにストレスがあって硬くなっているのかを考えていくことが大切になるんです。

体を横からみた時に、頭のポジション不良が考えられます。

こんな感じで頭が前方にある状態が考えられます。ストレートネックって良く言われる状態です。この時って、頸椎のことを指しているんですけど、実際問題として頸椎は確かにストレートなんですけど、もっと大きく見たら、肋骨が前方に下がっているわけですよ。

肋骨が下に下がっていることで頭が前方へ行かないとバランスが取れない状態になっていたりするんです。

ということはこの肋骨が下がることをやめさせて逆に持ち上がるようにしていけば良いんですよね。

肋骨を持ち上げるために必要なことはまず呼吸をしっかりと行うことができることになります。

肋骨の中には横隔膜がいます。だから呼吸が浅かったり、うまくできていない場合には肋骨のポジションが悪いっていうことに繋がるんです。

背骨のアライメントを良くすることって前回のブログでも書きましたが、この肋骨のポジションにも関連していくるんです。

背骨のポジションを良くすることは、結果的に肩こりの内側をマッサージしなくても良いくらいストレスを減らすことができるんですよね。

この肋骨を持ち上げることができることによって、頭が前にいることが今度は不自然になるので自然と頭の前方への移動を抑えることができるんですよね。

ちなみにこの体の機能を考えずにストレートネックだからといって、ストレートネック様の枕を使うのはやめた方が良いです。

首 マッサージ ストレッチ 首枕 【自宅でたった5分】 首 肩 肩甲骨 周りを 伸ばす 枕 [MyComfort] リラックス 首まくら (ブルー(リラックスモデル))

新品価格
¥3,280から
(2021/12/13 16:51時点)

 

こういうのです。背骨のアライメントを無視して、頸椎だけを整えようとすることって危険です。気分が悪くなっても仕方ないかもしれません。

体は繊細にできているので、適切に鍛えることや整えていくことはとても大切になります。背骨のアライメントを整えてから使うことができるとより早い効果を出すことができる可能性は高くなると思います。

背骨を整える。そのためには呼吸がしっかりとできること。そして力の入れ方を理解していることが結果的に肩こりの解消には一番早い方法になると考えています。

うまくできると良いですよね。

カテゴリー
体の話
神戸御影にある姿勢作り、動き作り専門のパーソナルトレーニング

コメント