NSCA-CPT問題22 <特定のクライアント(妊婦1)>

NSCA-CPT講座

① 妊婦が初めの必ず行わなければならないものは何?

A 特に必要ない
B パーソナルトレーナーに相談する
C 医師の診断を受け了承を得ること

答え C

これは絶対に必要になることです。そしていつでもエクササイズについてはいつでも中止、変更が可能であることを理解しておきましょう

②妊娠中のエクササイズにおいて主な問題点として間違えているものはどれ?

A 胎児への酸素やエネルギー基質の供給不足
B 子宮の収縮の減少
C 高体温による胎児仮死や出産時異常の発生

答え B

AとCは覚えておくことが大切です。Bは子宮の収縮の増加になります。通常の妊娠においては、エクササイズプログラムを適切に計画することにより、これらの危険性をほぼ取り除くことができます。

③ 妊婦へのエクササイズの運動強度の指標として最も一般的なものは何?

A カルボーネン法による運動強度の設定
B 胎児の心拍数
C 主観的運動強度(RPE)

答え C

主観的運動強度を一番重要視していきます。RPEの12〜16の間で行うようにします。また体調によってその日の強度やエクササイズ時間を変更を行っていきます。

④ 妊婦(3ヶ月以降)へのエクササイズで行ってはいけないエクササイズはどれか?

A ベンチプレス
B チェストプレス
C ペックデック

答え A

仰臥位でのエクササイズは禁忌になります。ダンベルプレス、ダンベルフライ、ライイングトライセプスエクステンションなどもダメです。

⑤ 妊婦が常に喉が渇いている。という訴えがある場合適切な処置はどれか?

A 水分補給を行う
B 医師へ相談してもらう
C 休憩をする

答え B

妊娠性糖尿病の疑いを持つ必要が出てくるので病院へ行き診断してもらうように促します。体重が増えてきているや、体が浮腫んできているなども症状としてはあるのでそこも問題になることも考えられます。

カテゴリー
NSCA-CPT講座
Fitness field

コメント