NSCA-CPT問題40<施設の機器とメンテナンス>

NSCA-CPT講座

① 安全に施設を運営する上での正しい記述をしているものはどれ?

A 鏡は床から51cm離して設置する。機材は鏡から15cm離して設置する。
B 鏡は床から15cm離して設置する。機材は鏡から15cm離して設置する。
C鏡は床から51cm離して設置する。機材は鏡から51cm離して設置する。

答え A

このまま覚えておいてください。鏡はよく試験でに出てます。

 

② パワーラックを置く際にどれだけの広さを確保したら良いでしょうか?オリンピックバーを使用するものとする

A オリンピックバーの端から左右91cmの幅が必要になる
B オリンピックバーの端から左右61cmの幅が必要になる
C オリンピックバーの端から左右45cmの幅が必要になる

答え A

フリーウェイとエリアでは左右91cmの幅を必要とすると覚えておけば答えが見つかります。

③機材の設置で正しいものはどれ?

A 補助が必要なマシンはなるべく人の導線から外れているところの端の方に設置する
B 背の高いマシンはなるべく中央に設置をする
C ダンベルラックは窓際に設置する。

答え C

補助が必要なマシン。ベンチプレス台などは補助がしやすいようにすぐに近づける場所に設置をします。背の高いマシン(ラットプルやケーブルクロスオーバー)などは視界を塞ぐためになるべく窓際に設置をして全体が見やすくなるように設置をします。

④ スタック式のマシンのガイドロッドの清掃と注油はどれくらいの頻度で行うことが推奨されているか?

A 週2回
B 月1回
C 3ヶ月に1回

答え  A

週2回が推奨されています。

⑤ホームジムでのセーフティークッションの幅はいくらか?

A 91cm
B 61cm
C 46cm

答え C

セーフィティークッションというのは幅のことを指しています。ホームジムの場合には利用者が限られているので各マシンの幅は46cmと縮小されます。

 

カテゴリー
NSCA-CPT講座
姿勢作り、動き改善専門 神戸御影にあるパーソナルトレーニングスタジオ Fitness field

コメント