NSCA-CPT総合問題5

NSCA-CPT講座

① 運動プログラムを提供する際に、通常はカウンセリグから行う。カウンセリングを行う目的として間違えているものはどれか?

A 1RMテストを行う
B 運動の目的を明らかにする
C 事前の話し合い、相互理解を得る

② インフォームドコンセントに含まれないものはどれ?

A 個人情報の秘密厳守
B トレーニングに伴うリスク
C 体脂肪率

③ 男性のクライアント(51歳)の危険因子としてカウントされないものはどれ?

A 奥様が45歳の時に環状動脈系疾患になった
B 体脂肪率が27%
C 喫煙(1日20本)の習慣がある

④ 体力テストを行い、2回の測定結果に大きな違いが出た。これは何が欠けているのか?

A 妥当性
B 信頼性
C 客観性

⑤ 肥満者の特徴として違うものはどれか?

A 糖尿病になりやすい
B 体温調整に難がある
C 体重に見合った十分に筋力がある

⑥肥満者に対するトレーニングの注意点として間違えているものはどれ?

A 立位でのトレーニングを積極的に行う
B 急激な方向転換を伴うものはやめる
C トレーニング量は減らし、強度を低くする

⑦ 高血圧症の方へのトレーニングとして正しいものはどれ?

A トレーニングに慣れてくれば、バルサルバ法を採用しても良い
B 治療に伴う副作用として低血圧症がある
C βブロッカーをしているので予備心拍数から強度の設定を行う

⑧ 心疾患患者に対するトレーニングプログラムとして間違えているものはどれ?

A 運動実地前にメディカルチェックは必要ない
B 運動強度が低くても緊張していると虚血性心臓疾患を引き起こすことがある
C レジスタンストレーニングでの回数は12〜15回の軽い負荷から始める

⑨高齢者のトレーニングとして適切なものはどれ?

A 予備心拍数を用いて運動強度を設定する
B しっかりとバーベルやダンベルなどを握るように指示をする
C トレーニングは快適だと思える範囲に抑える

⑩ 妊婦のクライアントに対して行うトレーニングとして間違えているものはどれ?

A 全力を発揮するような運動は行わない
B 激しい運動を行なっても問題がない
C 仰臥位でのトレーニングは避ける

答え

① A
② C
③ A
④ B
⑤ C
⑥ A
⑦ B
⑧ A
⑨ C
⑩ B

カテゴリー

    無料カウンセリングお申し込み

    カウンセリングをご希望の方は、こちらからお問合せください。折り返しご連絡をさせていただきます。

    ご希望のコースを選択してください

      無料カウンセリングお申し込み

      カウンセリングをご希望の方は、こちらからお問合せください。折り返しご連絡をさせていただきます。

      ご希望のコースを選択してください

      NSCA-CPT講座
      Fitness field

      コメント