可動域を広げて力を発揮する

パーソナルトレーニング

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

可動域を広げて力を発揮する

ゴルフをされているお客様は多いです。競技レベルも様々です。趣味から試合にいっぱい出ている人までいらっしゃいます。

ゴルフはスイングを繰り返すのですが、連続でスイングすることはありません。

一回の動作で完結してその後は歩くんです。ということは一回の動作でしっかりと力を出し切る。っていうことはとても重要になってくるんですね。

ベースとなる筋力を高めることも大切だから、トレーニングとしては回数をやりますが、それと共に体の動きを良くすることもしっかりとやっていく必要があるわけです。

下半身の力を腕に伝えることができないと腕で打つことになり、飛距離も下がります。

そして下半身の力をしっかりと使えてもそもそもの可動域が狭いとスイング自体が小さくなってしまいます。

可動域を広げながらトレーニングを行うことも大切だし、可動域を広げるためのトレーニングも必要になってきます。

特に背骨周りの体を回旋させる筋肉には可動域を確保しつつ、背骨を守ってもらわないと怪我の原因にも繋がるので、そのあたりには説明をしながらしっかりとトレーニングを行います。

お腹を輪切りにしたときにできる限り小さくしてほしい。前も横も小さくして背骨に近づけるイメージです。

っていう説明をしたのですが、理解できますでしょうか?

お腹を締めるんですけど、その上で回旋をしたいので、上記のような説明をしたんですけどね。

可動域を増やすために怪我をしちゃうとそれは本末転倒です。

可動域を増やして背骨を守りながら体のコントロールできるようになるのが一番です。

試行錯誤しながらトレーニングって続いていくんですよ。そしてより良い体になってもらうんです。

 

カテゴリー
パーソナルトレーニング
神戸御影にある姿勢作り、動き作り専門のパーソナルトレーニング

コメント