股関節の動き

トレーニング

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

股関節の動き

トレーニングの中で重要なポイントはいくつかありますが、股関節の動きがとても重要だと考えています。

股関節は体の中で一番大きな関節です。骨盤と大腿骨からできています。

ここです。

脚は歩いたり、走ったり、体を移動させるために使うものですから、強くて安定しています。腕は細かな作業ができる反面、股関節に比べると不安定です。(機能が違います。)

股関節の動きが悪い方は膝から動いてしまいます。膝の曲げ伸ばしでほとんどの動きを代償していることがあります。結果的にふくらはぎがパンパン。そしてふくらはぎがとても発達していたりと。ちょっと体のラインとしては改善できるようなアプローチをしていこう。って考えるようになります。

その場合は、股関節の動きをよくするエクササイズを選択して行きます。

スクワット

スクワットはKing of Training.って言われているのですが、動作の判断をする場合にもとても役立ちます。上手くできるかどうか。そして重心がどこにあるのか。また左右のバランスはどうか。など色々な情報を与えてくれるトレーニングになります。

逆に言えば綺麗なバランスの良いスクワットができるようになったら動きとしては良い動きが出来ているんだな。ってことでそこから負荷を高めていくことができるようになっていきます。

反対にスクワットでうまくできない場合

これがなかなか問題です。様々な要因でスクワット動作に問題がある場合には1つづつ丁寧に改善できるようにしていくことが大切になっています。

これはTRXで重心を後ろにかけて空気椅子に座るような動きを作っているのですが、腕で体重を支えながら股関節の動きをしっかりと意識してもらいます。負荷を減らして股関節の動き作りを入れたりします。

 

また仰向けになって股関節を自由にしている状態にして股関節をできる限り自由にして動かすことを考えてここから動くんだな。って感じながら動いてもらったり、可動性を制限している筋肉たちを緩めていくようなアプローチも必要になったりします。

可動性を制限するのは筋肉の場合がほとんどなので、筋肉の柔軟性を高めることも重要なポイントになっていきます。

何を行うのかはその方の動き方によって決まっているわけではありませんが、動きの改善ということに関してはかなり積極的に行っていく必要性があると考えています。

質の高いトレーニング=綺麗な体になる

と言うことは一貫して感じているので、その逆も然りです。

より良い体作りをするためにはどうしてもトレーニングフォームは絶対に外せません。

丁寧に鍛えていく。決してハードにやるというわけではなく、自然と綺麗なフォームで動けるようになることは、プラスの作用しかありませんよ。

 

 

 

カテゴリー
トレーニング
神戸御影にある姿勢作り、動き作り専門のパーソナルトレーニング

コメント