反り腰なのに、お尻はぺったんこ

体の話

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

反り腰なのに、お尻はぺったんこ

反り腰なんですよね。って言われることがよくあるんです。実際には反り腰というかは胸椎を反っていることが多くて、それって反り背中?です。そんな言葉があるのかどうか不明ですが、、、そして漏れなく腰が痛い。って言われるんですが、実際に痛い場所って腰というよりも背中の下の方。

S字湾曲が大切です

もうこれに尽きるんです。

横から見た時にゆるくS字になっているんですね。

頸椎-前湾
胸椎-後弯
腰椎-前湾
仙骨-後湾

っ前に反ってるか、後ろに反ってるか。っていうことになります。

お尻ぺったんこの原因は仙骨が真っ直ぐに近い方向へ下がってしまうことで、お尻ぺったんこになってしまうんですね。

でも反り腰です。本来腰椎前湾がきついことを反り腰って思われているんですが、実際には腰椎はさほど前湾していなくて、胸椎(腰椎の上の椎骨です)が前湾をしている可能性が高い。腰椎は5個の椎骨です。胸椎は12個の椎骨なのですが、腰椎の役割として7個くらい腰椎になってて、胸椎が10個くらいに減っているような状態になっているんです。

 

胸を張っている方が姿勢が良い。って思われる方が陥りやすい姿勢作りのエラーです。見た目は綺麗に見えるんですが、長時間していると背中が辛くなってきます。

良かれと思ってやっていることが良い姿勢から離れていくので、ちょっと怖いですよね。

バランス系のトレーニング、バードドッグをやってもらうととてもよくその動きが見えるんですよね。

こうなるときにものすごく上げている足が上に上がっていくんです。そしてその時にはお腹は地面の方向へ落ちていて反り腰を作ってくれるんです。
修正することはとても簡単で、お腹を締めて肋骨を閉じるようにしていくことですね。

胸椎を12個に戻す作業をして、立ち方を学んでもらえたら良いんです。

5個の腰椎の前湾がしっかりとキープできるようになったお尻ぺったんこ解消まであと少しです。骨盤の前傾を自然なことにしてあげることができていけば後はひたすら鍛えたら良い。

お尻の筋肉の使い方がわからない。っていう方。結構いらっしゃるんですが、そういう方はほとんどの場合お尻ぺったんこ予備軍になっている可能性が高いですよ。

カテゴリー
体の話未分類
神戸御影にある姿勢作り、動き作り専門のパーソナルトレーニング

コメント