ゴルフのスイング

パーソナルトレーニング

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness feildの前田です。

ゴルフのスイング

トレーニングに来られているお客様でゴルフをされている方が多いように感じます。競技をされている方からご夫婦でラウンドを楽しまれている方やゴルフスクールにも通われている方など様々ですが、ゴルフを楽しまれていることには変わりありません。

ゴルフのスイングというのはとても繊細な動きだな。って感じていますが、トレーニングで行えることといえば、体の動きがスムーズであること。そして意識して体をコントロールできるようになることじゃないかと思っています。

スイングの指導とかはしません。動きのベースとなる運動パターンはわかりますが、細かい部分はお伝えすることはありません。

その上で、とても重要にしていることがあります。

地面を蹴る

これです。ちょっと前のブログでもこれを書いています。(こちら)

右打ちの場合だと右足で地面を蹴って体重を左方向へ持っていきます。そこで今度は左足で地面を蹴って上体が前に突っ込まずにその場で回旋をしてスイングを行っていきます。

この結果強いスイングでできるようになるんです。

腹筋の回旋動作を必死にやったら良いんじゃないの?ってお客様にご質問を頂いたのですが、一瞬考えてその考えは難しいですよね。ってお話をしました。

上半身の力だけで打つのはとても疲れますし、きっと飛距離は出ません。筋力とパワーの違いもあって、パワーを高めることは腹筋運動ではできません。

腹筋をやって鍛えることができるのは筋力であり、パワーではないからです。

スイングで必要なものはパワーです。

どんなトレーニングを行うのが良いのか?

一番簡単なものはジャンプです。地面を強く蹴った結果、ジャンプできるんです。

あくまでも意識作りですから、地面を強く蹴りましょう。ってことをお伝えしています。

イメージだけいえばこんな感じでしょうか?

実際にやってもらうとご本人が思っているほど地面から体は持ち上がらないです。それだけ地面を蹴れていないってことだとご理解していただけます。

そして着地に関してはとても注意をしています。硬い床での着地は怪我するリスクがあるので、クッションの上やマットの上に着地するようにしてもらっています。

慣れてくれば、クリーンやスナッチなどオリンピックリフティングも入れていくのですが、そのあたりのトレーニングをする場合は、競技としてのゴルフをしていない限りは行いません。年齢が高い方にはちょっと危険を伴うからです。

ゴルフのスイングのパフォーマンスアップは、じっくりとトレーニングを行っていくことで安全に効果的に高めていくことが出来ますよ。

 

 

カテゴリー
パーソナルトレーニング
神戸御影にある姿勢作り、動き作り専門のパーソナルトレーニング

コメント