呼吸をしよう

パーソナルトレーニング

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です

呼吸をしよう

体を安定して使えるようにするのは動的な関節可動域ももちろん大切ですが、動きの基本は安定している場所がある。っていうことでもあります。

手足が自由に動くためには付け根である、肩甲骨や骨盤があるべき場所にあることで手足をスムーズに動かせるんです。

関節が緩い人や関節可動域が十分にある方にはどちらかというとコントロールする能力を高める必要が出てきます。

そうなってきた時に気をつけていかないといけないのが体幹部です。

体幹は動きではなく安定させる場所です。

そして体幹を使えるようにするのは呼吸です。

負荷を高めるトレーニングを安全に行うためには体幹をまずはしっかりと使えるようにしていくことが前提になってきます。

お腹の使い方なんて学校では教えてくれませんし、大人になってからお腹を使いましょう。って言われてもどうやって使うのか知らない方がほとんどです。

お腹を固めるわけでもなくゆるゆるになるわけでもない。

ましてお腹の真ん中だけを使うわけでもありません。

そうなってくるとどうやって?ってなります。

呼吸をすることでお腹を使えます。

そもそもお腹ってどこを指しているのか?からスタートしないといけません。

そうやって説明をしっかりとやることで頭で理解でき、実践をして体を正しく使えるようにしていくのはパーソナルトレーニングでないとわからない部分じゃないかと思っています。

体作りって重い負荷をかけるだけじゃないです。体のことを知ってもらうこともまた重要だと思っています。

カテゴリー
パーソナルトレーニング
神戸御影にある姿勢作り、動き作り専門のパーソナルトレーニング

コメント