内腿の筋肉

トレーニング

こんにちは。御影にあるパーソナルトレーニングスタジオFitness fieldの前田です。

今日は内腿の筋肉(内転筋)のエクササイズについて書いていこうと思います。

内転筋って弱りやすい筋肉です。それはあまり使わないから。

O脚の方はほとんどの場合、内転筋は弱いです。弱いというか、機能をあまりしていない。

片足でのエクササイズでは内転筋も使うのですが、内転筋のエクササイズをやった後の方が片足エクササイズはやりやすくなります。

しっかりと働くようになるってことですね。

トボトボ歩いていると内転筋は働きません。逆に言えば、トボトボしか歩けない場合は、内転筋は働いていない。

脚のラインを作る上でも大切ですし、生活面においても内腿の筋肉は重要ですね。

さてエクササイズを説明していきます。

今回はケトルベルを使っています。ダンベルでも大丈夫ですけどね。負荷をかけたほうがやりやすいので。

この状態ですね。膝、つま先が外を向いています。ここが重要です。

そこから下がっていって、内腿のストレッチを感じるようにしてください。(それがない場合は、脚の幅を広げます。)

横から見ると

しっかりと骨盤を立てて姿勢を作っています。

その状態が必要です。

下がった時にも骨盤のポジションは前傾をキープ

背骨も反りすぎず、丸くもならない状態です。

これを繰り返すことで、内腿のトレーニングが出来ます。

そして、負荷が前にあるので、背中周りも同時に鍛えることが出来ます。

良い姿勢を作るためにも負荷はあったほうが良いですね。

カテゴリー
トレーニング
神戸御影にある姿勢作り、動き作り専門のパーソナルトレーニング

コメント